新型コロナウイルス感染症の影響により、生活が困窮されている皆様へ
 
緊急小口資金・総合支援資金・総合支援資金(再貸付)のご案内
 
特例貸付の申請受付期間を令和3年8月31日(火)まで延長します。
 
 相談・受付  玖珠町社会福祉協議会
 問い合わせ先 72―5001
 受付時間  月曜日から金曜日  午前9:00~午後5:00
 
※申請手続きは事前予約の上行っています。感染予防の為、お電話で予約を入れていただきますようご理解のほどよろしくお願いいたします。
 特例貸付資金の種類 こちらからPDFで開きます。
 生活福祉貸付資金制度の詳細・様式ダウンロードはこちらから

月3回5のつく日(5日・15日・25日)に地区内のひとり暮らし、夫婦のみの高齢者世帯を対象に手作り夕食弁当を調理、配達しています。
昭和63年9月より、高齢者の偏りがちな食生活の手助けになるように、また声かけを行い安否確認で支えあうまちづくりの一助を担うため、婦人会や老人会、民生委員などに働きかけ給食ボランティアグループを結成し活動が始められました。
栄養士ボランティアの献立により、栄養価が高く、旬の食材により季節感のある弁当作りが行われています。
献立・調理・配達とすべてボランティアの手によって行われています。

1回1食400円

(献立例)

1・白ごはん・魚の塩焼き・かぼちゃの煮つけ・マカロニサラダ・お吸い物・酢味噌和え・果物
2・白ごはん・ブロッコリー和え物・牛肉の焼き肉風炒め・味噌汁・もやしの酢の物・昆布と高野豆腐の煮つけ・果物

詳しいお問い合わせ・申し込みは

玖珠町社会福祉協議会(72-5513)