新型コロナウイルス感染症の影響により、生活が困窮されている皆様へ
 
緊急小口資金・総合支援資金・総合支援資金(再貸付)のご案内
 
特例貸付の申請受付期間を令和3年8月31日(火)まで延長します。
 
 相談・受付  玖珠町社会福祉協議会
 問い合わせ先 72―5001
 受付時間  月曜日から金曜日  午前9:00~午後5:00
 
※申請手続きは事前予約の上行っています。感染予防の為、お電話で予約を入れていただきますようご理解のほどよろしくお願いいたします。
 特例貸付資金の種類 こちらからPDFで開きます。
 生活福祉貸付資金制度の詳細・様式ダウンロードはこちらから

ふれあい・いきいきサロンとは?
 地域を拠点に、住民同士が協働で企画し内容を決め、ともに運営していく楽しい仲間作りの活動です。

サロンの効果
① 仲間つくり(出会いの場)
    サロンの利用者(参加者)は、主催者(活動の担い手)を含めて全員が地域の仲間です。皆が同じ立場で参加することが自然と仲間意識   が芽生え、仲間としての連帯感が生まれます。

②生きがいづくり
    サロンでは、自分でできることは自分でやるのが基本ですから、そこに通うことが生活の張りとリズムをつけることとなり、適度な刺激が得られます。

③健康づくり
    専門家による健康のお話や育児相談などのプログラムの実施により、気づきにくい健康や栄養管理の学びの場となります。

④元気づくり(介護予防)
    家への閉じこもりが進むと、無気力になり、肉体的な衰えも加速します。サロンに出かけ、様々なプログラムに参加することで、刺激となり生活リズムが生まれ、認知症予防になると言われています。

《活動内容例》
・交通安全教室 ・栄養教室 ・健康教室 ・日帰り研修 ・認知症予防教室 ・         など